ブログトップ

さくらheeの愛しき日々へ

トラウマ?

それは昔、ん十数年前のこと。

幼稚園の入園式で自分が「ウメ組」である事を知らされる。
並んだ教室に付けられた各クラスのプレートは
それぞれ花の名前で、それには字が読めなくても解るように
花の絵が描かれていた。
サクラ組・・・「ピンクで綺麗だな」
タンポポ組・・・「黄色くて可愛いな」
スミレ組・・・「可愛い花だな」
ウメ組・・・「なに?このヘタな絵!」

私のクラスのプレートは
くすんだ赤でドデカク梅の花らしきモノが描かれていたのです。
「なんでこんな汚い花の教室なの!」とテンション急降下!
子供ってそんな小さな事で自分が惨めになってしまうのです。
近所のオバチャンに「何組になったの?」と聞かれても
「ウメ組」と言えないくらい嫌いでした。
実物の梅なんか知らないくせに、
赤い梅の花と「ウメ」と言う響きも大嫌いに。

それからもう一つ、幼稚園のお遊戯会でのこと。
「ヘンゼルとグレーテル」の劇をすることになり
私は閉じ込められた二人を逃がす「赤い花」の役に。
「赤いお花でトントントン ♫
ドアがあいたよ嬉しいな🎶ドアがあいたよ嬉しいな♬」
と歌い、「早くお逃げなさい!」と言うセリフ。
頭に顔より大きな真っ赤な花を乗せられた格好でですよ。
恥ずかしいったらありゃしない!

そんな幼稚園時代の出来事以来
赤い花に拒絶反応してしまうようになったみたいです。(^_^;)

その後、小学校に入り
校庭に植えられたチューリップを見て
「ピンク綺麗だな!黄色可愛いな!赤・・・嫌い」
と思った事を、なぜか今でも覚えています。

これが私の「赤い花が苦手」な理由のようです。



「くっだらん理由! 」と誰かさんが笑ったような気がする・・・(ー ー;)







世の男性諸君!
私のハートを射るために
赤い薔薇の花束は逆効果ですから
ご注意くださいませ。
[PR]
by sakura-hee | 2015-05-14 23:04 | 独り言