ブログトップ

さくらheeの愛しき日々へ

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ポンコツロボット

先々週の日曜日の夜中
寝返りした拍子に半月板損傷している右膝を
自分の左足で膝蹴りしてしまって激痛で目が覚めた。
痛いだけならまだいいが、膝がロックしてしまって動かない。
「く」の字に曲げた足は伸ばすことも曲げることもできずロック状態。
このままじゃ歩くことができないし、仕事にも行けないやん!
と、しばらくアタフタジタバタしていたら
そばに居る者lにも聞こえるような「ポキッ!」という音が・・・
すると冗談みたいに足が動くようになった。
大き音とともにロックが外れたようだ。
まるで錆びたポンコツロボットみたいだよねえ。f^_^;

そんなことがあって、膝の調子が2ヶ月前くらいに後退してしまって
正座や階段が少し痛い。
せっかく何の不自由も違和感も無いくらい回復してたのにね。

で、今朝ね、朝食を終えて立ち上がろうとした時
また例の「ポキッ!」と音がしてビックリ!
「またやっちゃったかなぁ・・・」
と思ったら、今度は痛みが無くなっているのですよ。
膝の中の潰れた半月板が動いたみたいで
神経に当たらなくなったんでしょうね。

「ポキッ!」と音がする度に症状が変わるのが面白い。
ほんと、サビサビのポンコツロボットみたいやん。(^∇^)
[PR]
by sakura-hee | 2015-05-19 09:26 | 独り言 | Comments(5)

梅に思う

「梅」と聞いて頭に浮かぶのは
「梅干し」「梅酒」で「梅の花」は浮かばない。
桜の時期は、何度でも桜を見に行くが
梅の花を見に行こうと思った事がない。
咲いてる姿を見ても感動はしない。
私の中では梅は果実のイメージしかないのだ。(果実大好き053.gif)



そんな私の梅嫌いを払拭しようと
この春、梅を見に連れて行ってくれた人がいました。
a0050838_101252.jpg
a0050838_100473.jpg
なんと綺麗なんでしょう!(^∇^)
私の頭の中の暗い赤の紅梅のイメージは吹っ飛び
桜に負けない満開の美しい枝垂れ梅に感激しました。

枝垂れ桜はよく知っていたけど
枝垂れ梅がある事を初めて知りました。

梅園の中は私のイメージしていた紅梅は少しだけしかなく
ピンクと白の枝垂れ梅が咲き乱れてて綺麗でしたよ。

でも、やっぱり白梅の方に心惹かれてしまうんですよね・・・(^_^;)
[PR]
by sakura-hee | 2015-05-16 09:52 | 独り言 | Comments(6)

トラウマ?

それは昔、ん十数年前のこと。

幼稚園の入園式で自分が「ウメ組」である事を知らされる。
並んだ教室に付けられた各クラスのプレートは
それぞれ花の名前で、それには字が読めなくても解るように
花の絵が描かれていた。
サクラ組・・・「ピンクで綺麗だな」
タンポポ組・・・「黄色くて可愛いな」
スミレ組・・・「可愛い花だな」
ウメ組・・・「なに?このヘタな絵!」

私のクラスのプレートは
くすんだ赤でドデカク梅の花らしきモノが描かれていたのです。
「なんでこんな汚い花の教室なの!」とテンション急降下!
子供ってそんな小さな事で自分が惨めになってしまうのです。
近所のオバチャンに「何組になったの?」と聞かれても
「ウメ組」と言えないくらい嫌いでした。
実物の梅なんか知らないくせに、
赤い梅の花と「ウメ」と言う響きも大嫌いに。

それからもう一つ、幼稚園のお遊戯会でのこと。
「ヘンゼルとグレーテル」の劇をすることになり
私は閉じ込められた二人を逃がす「赤い花」の役に。
「赤いお花でトントントン ♫
ドアがあいたよ嬉しいな??ドアがあいたよ嬉しいな♬」
と歌い、「早くお逃げなさい!」と言うセリフ。
頭に顔より大きな真っ赤な花を乗せられた格好でですよ。
恥ずかしいったらありゃしない!

そんな幼稚園時代の出来事以来
赤い花に拒絶反応してしまうようになったみたいです。(^_^;)

その後、小学校に入り
校庭に植えられたチューリップを見て
「ピンク綺麗だな!黄色可愛いな!赤・・・嫌い」
と思った事を、なぜか今でも覚えています。

これが私の「赤い花が苦手」な理由のようです。



「くっだらん理由! 」と誰かさんが笑ったような気がする・・・(ー ー;)

そんなわけで…
[PR]
by sakura-hee | 2015-05-14 23:04 | 独り言 | Comments(4)

カーネーション

大好きな桜の季節はあっという間に過ぎ
世間ではゴールデンウイークという長いお休みも終わり
何と今日は母の日なんですよねぇ・・・
ブログ更新サボったもんですね。f^_^;
皆様お元気でしょうか?

母の日と言えばカーネーション。
私は一応生きているので赤いカーネーションがもらえる・・・
わけが無〜い!~_~;

私は赤い花があまり好きじゃない。
特に、紙細工みたいなカーネーションの赤が苦手だ。

息子達がまだ幼稚園・小学校低学年で
「母の日には赤いカーネーションを母親にプレゼント!」
と言う世間の常識を知った頃、私は宣言してしまった。

「私は赤いカーネーションが大嫌いだから要らない」と・・・
聞き分けのいい優しい息子達は母の言葉を守り続け現在に至る。

と言うわけで私に赤いカーネーションのプレゼントは絶対に無いのです。(^_^;)
白いのなら好きなんだけどなぁ・・・
元気な母になぜ白いカーネーションはダメなのだ?
死ななきゃもらえないの?
勝手に色を決めるなよ!
白い花が大好きな人間もいっぱいいるんだぞ~~!


なぜ赤い花が嫌いなのかは、また今度お話ししますね。
[PR]
by sakura-hee | 2015-05-10 18:39 | Comments(6)